神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

子育て関連イベント紹介

1/13 港福一夜城 VOL.2「障がい児者が地域で暮らす意味を考える」の巻

2017/01/08

港福城プロジェクト、NPO法人びーのびーの

■イベント名:
港福一夜城 VOL.2
「障がい児者が地域で暮らす意味を考える」の巻

■内 容:
今回は、障がいのあるお子さんの親という当事者の立場も持ちながら、それぞれ医師として、放課後デイサービス事業運営者として、働いていらっしゃるお二方

鈴木 明子さん(野のすみれクリニック リハビリテーション科院長)
山下 容子さん(放課後等デイサービスわくわくさん 綱島東の扉 代表者)

をお招きして、
【地域で障がい者が暮らすということ】をテーマにお話を伺い、学びあいの場となるような勉強会を企画しました。

原則として港北区内在住在勤、地域のまちづくりや福祉的な取り組みに関心ある方ならどなたでの歓迎します。

■日 時:
2017年1月13日(金)18:00~20:00


■会 場:
港北公会堂2F 会議室


■最寄り駅
(東急東横線大倉山駅徒歩7分)

■主 催:
港福城プロジェクト
NPO法人びーのびーの
(港北区地域子育て支援拠点どろっぷ、及びどろっぷサテライト)

■連絡先:
TEL:045-540-7420 担当 畑中 Mail:y-hatanaka@bi-no.org
TEL:045-633-1078 担当 田之畑 Mail:tanohata@kohoku-drop.com



■参加費:
参加費 300円 当日会場で支払い
※終了後同会場で1時間程度懇親会予定・懇親会参加は実費

■申込み方法:
下記URLにて申込(先着順60名)
http://kokucheese.com/event/index/431920/
申込締切日:2017年1月10日 12時00分まで


■その他:
港福一夜城(こうふく いちやじょう) プロジェクトは、港北区の福祉、保育、教育などの分野に、関わる、関わったことがある、これから関わるかもしれない、団体・個人が自由意志で、所属の枠も超えて、自由な意見交換・学びあいを目指すプロジェクトです。
多職種のつながりから生まれる知恵や経験が明日の実践に役に立てるように考えています。また、多様なジャンルで実践を積み重ねてきた先輩世代のお話を次代を担う若き実践者たちへ伝える場になりたいと願っています。ぜひ積極的なご参加をお待ちしています。