神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

子育て関連イベント紹介

11/25,第20回子ども虐待防止シンポジウム

2017/09/02

子ども虐待防止シンポジウム

■イベント名:
第20回子ども虐待防止シンポジウム

■内 容:
子ども虐待におけるリーガル・ソーシャルワーク ~英国の歴史~
平成29年11月25日(土):学術集会(逐次通訳付き)
    11月26日(日):パネル・ディスカッション(同時通訳付き)


昨年の児童福祉法改正で、児童相談所への弁護士配置が規定されました。この意味と目的は何なのでしょうか?
日本以外の先進国における家庭裁判所・少年裁判所は、三権分立の原則に基づいて児童相談所と役割分担しつつも、緊密に連携して、子ども虐待事案に深く関与しています。日本がそうなっていないのはなぜなのでしょう?
「リーガル・ソーシャルワークとは?」「パーマネンシー保障(永続的解決)の意味は?」「フォスタリング機関って、何するところ?」これらの新しい概念に関するみなさまの疑問に第20回子ども虐待防止シンポジウムがお答えします。

【海外招聘講師】
   Nicholas Cricton氏:LUMOS 理事、元英国家庭裁判所判事
【日本人講師】
   増沢 高氏 :子どもの虹情報研修センター 研修部長
   上鹿渡 和宏氏:長野大学 社会福祉学部 教授
   山岡 祐衣氏 :オクラホマ大学 健康科学センター子ども虐待ネグレクトセンター 研究員
   藤林 武史氏 :福岡市こども総合相談センター(福岡市児童相談所) 所長
   山田 不二子 :認定NPO法人チャイルドファーストジャパン 理事長


■日 時:
学術集会〔逐次通訳付き〕:
2017年 11月25日(土)10:00~6:00

パネルディスカッション〔同時通訳付き〕:
2017年 11月26日(日)10:00~4:30


■会 場:
日本財団ビル 2階 大会議室A・B(東京都港区赤坂1丁目2番2号)


■最寄り駅:
(銀座線虎ノ門駅、南北線・銀座線溜池山王駅徒歩5分)

■主 催:子ども虐待防止シンポジウム
共催:認定特定非営利活動法人チャイルドファーストジャパン
特定非営利活動法人かながわ子ども虐待ネグレクト専門家協会


■参加費:
一般:13,000円、会員:11,000円、学生:6,000円

■申込み方法:
オフィシャルホームページから
http://symposium.childfirst.or.jp/request.html