神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

子育て関連イベント紹介

10/3 働きたい、働けない・・・でも生きている それが社会参加だ

2009/09/19

特定非営利活動法人アンガージュマン・よこすか/就労支援ネットワーク研究委員会/神奈川県県民部青少年課・商工労働部産業活性課・商業観光流通課・雇用労政課

■イベント名:
働きたい、働けない・・・でも生きている それが社会参加だ

本法人は地域の商店街で不登校・ひきこもりの若者たちと社会参加(アンガージュマン 仏語)をテーマにさまざまな活動を展開しています。
 この4年間『働きたい若者 就労支援事業』をかかげ、かながわボランタリー活動推進基金21の助成により、はるかぜ書店事業を中心に活動を進めつつ、「生き辛さを抱える社会的ひきこもり」の若者に働くことを含めた社会参加のあり方について考えて来ました。
 また、県内4NPO法人等と就労支援ネットワーク研究委員会を立ち上げ、就労をめぐってさまざまな取り組みを展開して来ました。
 第7回目の就労支援ネットワーク・フォーラムの開催を、社会的ひきこもりの若者たちの現状に理解を進め社会のあり方(就労、福祉、教育、精神保健等)を問い直す機会とします。
 問題提起
「市会議員が感じる、生き辛さを抱え傷つき倒れる若者とは」藤野英明氏(横須賀市議会議員)
「精神科医が見た、生き辛さや病を抱えた若者を取り巻く社会とは」阿瀬川孝治氏(三精会 汐入メンタルクリニック院長)
「心理学者が解き明かす、若者が社会参加できる環境とは」小林正稔氏(神奈川県立保健福祉大学教授)

■日 時:
2009年10月3日(土)13:00~17:00

■会 場:
ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

■最寄り駅
JR横須賀駅徒歩5分、京急線汐入駅徒歩1分

■主 催:
特定非営利活動法人アンガージュマン・よこすか/就労支援ネットワーク研究委員会/神奈川県県民部青少年課・商工労働部産業活性課・商業観光流通課・雇用労政課

■連絡先:
電話/FAX 046-801-7881 mail:engagement@angelicsmile.com

■参加費:
無料(ドネーションのご協力、書籍のご購入等をお願いいたします)

■申込み方法:
電話、FAX、メールにて申込(10月2日まで)

■その他:
500名