神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

子育て関連イベント紹介

3/2,9 第20回青少年支援セミナー

2014/02/10

ヒューマン・スタジオ

■イベント名:
第20回青少年支援セミナー

■内 容:
 今回は「不登校・ひきこもりの当事者ニーズを考える」という全体テーマのもと、不登校・ひきこもりの経験者が全プログラムに登場し、一般的な支援とは違う活動(当事者中心の集まりや支援システム)の意義や内容、そして効果を検討します。
 また、このイベントは今回で終了するため、過去の講師やパネラーの方を迎えてのお話や資料コーナーなど特別企画も実施します。
 参加される方は「シンポジウム」「講座1」「講座2」の3プログラムのうちひとつ以上お選びください。

1日目(シンポジウム):
最終回トーク)『私・不登校・ひきこもりのあのときと今~セミナー出演経験者に聞く~』
当事者トーク)『非支援で行こう!~私たちの活動と未来を語る~』
*「“当事者本”対談~ブログから、メルマガから~」
*「居場所はどこに~当事者が集まる場を運営して~」

2日目(講座):
講座1)『不登校・ひきこもり~家族コミュニケーションのポイント~』
講座2)『当事者は何を求めているか~“スロープ型支援”の可能性~』
終了式)『「青少年支援」から「生きる支援」へ~関係者挨拶と活動予告~』

講師・パネリスト:
伊藤 書佳(編集者)
勝山  実(ひきこもり名人)
北村るみ子(ひきこもり関係の会世話人)
佐川 佳之(大学教員・フリースクールスタッフ)
関口  宏(精神科医)
玉川  満(私立高校学習センター顧問)
林  恭子(古書店経営)
堀内 和彦(自立支援団体スタッフ)
丸山 康彦(主催団体代表兼相談員)
当事者2名

■日 時:
2014年3月2日(日)13:00~16:50
2014年3月9日(日)13:00~16:50

■会 場:
神奈川県立青少年センター別館

■最寄り駅
(JR・市営地下鉄桜木町駅、京急日ノ出町駅徒歩各10分)

■主 催:
ヒューマン・スタジオ

■連絡先:
TEL:0466-50-2345 Mail:husta@nifty.com

■参加費:
「シンポジウム」「講座1」「講座2」各800円(当事者は各200円)・ただし講座とシンポジウムの両方に参加される方はシンポジウムが最大100%引

■申込み方法:
電話またはメールにて申込(先着順)
各日3日前に締切り、以降は当日会場にて受付

■その他:
 詳細は案内書をご請求いただくか、2月中旬に配信予定のメールマガジン『ごかいの部屋~不登校・ひきこもりから社会へ~』204号をご覧ください。