神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

子育て関連イベント紹介

1/26,27 第32回全国青少年相談研究集会

2016/01/06

国立青少年教育振興機構

■イベント名:
第32回全国青少年相談研究集会

■内 容:
(1)基調講演 (1月26日(火)14時10分~15時40分 カルチャー棟小ホール)
「いま、子供たちに何が起きているか ―相談機関に期待されること―」
石橋 昭良 氏(文教大学人間科学部教授)


(2)行政説明 (1月26日(火)16時00分~17時00分 カルチャー棟小ホール)
「子どもの貧困対策について」
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)参事官(青少年企画担当)付参事官補佐 村田 憲幸 氏
「青少年をとりまく課題」 文部科学省初等中等教育局児童生徒課生徒指導室長 平居 秀一 氏
「国立青少年教育振興機構の取り組みについて」 国立青少年教育振興機構理事 松川 憲行


(3)分科会Ⅰ・Ⅱ(1月27日(水)9時00分~11時00分、12時30分~14時30分)

第1分科会【ネット依存】「ネットに依存する子どもたち~問題と対策について考える~」 遠藤 美季 氏(エンジェルズアイズ 代表)

第2分科会【子供の貧困】「〈生きる力〉を育む無料学習会の効果、他機関との連携の可能性」 渡辺 由美子 氏(キッズドア 理事長)

第3分科会【不登校・いじめ】「『不登校』『いじめ』とむきあう-コミュニティチームの可能性-」 元永 拓郎 氏(帝京大学文学部 教授)

第4分科会【児童虐待】「児童虐待防止のために-事例を通して考える所属機関の役割」 影山 孝 氏(東京都多摩児童相談所 所長)

第5分科会【少年犯罪】「少年鑑別所におけるアセスメントの実際と相談機能の充実」 瀧村 美保子 氏(八王子少年鑑別所 鑑別部門首席専門官)


(4)シンポジウム (1月27日(水)15時00分~17時00分 カルチャー棟小ホール)
「現代社会における青少年相談のあり方~複雑化する青少年問題にどう取り組むのか~」

コーディネーター 高塚 雄介 氏(明星大学人文学部 教授)

シンポジスト
元永 拓郎 氏(帝京大学文学部 教授)
影山 孝 氏(東京都多摩児童相談所 所長)
瀧村 美保子 氏(八王子少年鑑別所 鑑別部門首席専門官)



対 象:
青少年教育行政担当者、青少年教育施設職員、学校教育行政担当者、学校教員、首長部局相
談担当者、警察関係者、法務関係者、社会福祉関係者、その他青少年の相談に携わる関係者


■日 時:
2016年1月26日(火)~27日(水)

■会 場:
国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木)


■最寄り駅:
JR参宮橋駅徒歩約7分

■主 催:国立青少年教育振興機構

■連絡先:電話:03-6407-7686 FAX:03-6407-7699

■参加費:
本研究集会への参加費は無料です。期間中の食事は各自でご負担ください。なお、26 日の情報交換会 (夕食を兼ねる)の参加を希望する方は、受付時に会費(3,000 円)をご用意ください。


■申込み方法:FAXまたはEメールにて受け付けます。


url:http://www.niye.go.jp/info/yukutoshi.html