神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

トピックス

日本郵政公社2007年度年賀寄付金配分をいただきました

2007/05/25

日本郵政公社では、寄付金3円がプラスされた寄附金付き年賀はがきを販売しています。2007年度の寄付金交付先に、神奈川子ども未来ファンドを選んでいただきました。

*写真は、横浜中央郵便局で行われた配分通知書交付式の様子。
 写真中央(右から4人目)が、横浜中央郵便局長園田氏。
 左から3人目が神奈川子ども未来ファンド米田事務局長。


通常の年賀はがきは50円ですが、寄附金付きは絵入りで55円。
絵の印刷費用2円と寄附金3円がプラスされています。
この3円の寄附金が積もり積もって年に約7億円になるそうです。

今年は、全国から796件の応募があり、
そのうち神奈川県内では、神奈川子ども未来ファンドを含め、
5つの団体・施設が配分先に決まりました。



以下、日本郵政公社様からの市民団体へのメッセージです。
-------------------------------------------------------
日本郵政公社ではこの寄附金をお預かりした上で、
法律に基づき社会貢献を行う団体様に配分をし、助成を行います。
寄附金付き年賀はがきのことはご存知でも、
その寄附金の配分による助成のことは
あまり世の中に知られていないようです。
是非、この助成金を活用して皆様の活動を充実させていただきたく思います。

●配分申請:毎年秋に公募
●申請のできる団体:
 NPO法人・社会福祉法人・更生保護 法人・社団法人・財団法人
 設立登記後1年以上経過、また設立登記後1年以上の期間にわたる決算書を確定していること
●助成対象事業:
 社会福祉の増進を目的とする事業、
 青少年の健全な育成のための社会教育を行う事業、
 がん・結核・小児まひその他特殊な疾病の学術研究・治療又は予防を行う事業など10分野
●申請できる事業内容:
 施設の改修、機材の購入、福祉車両等の購入、活動(一般)に関わる事業等
●上限金額: 500万円
 「活動のチャレンジプログラム」は50万円までの小規模事業(継続年可能)を助成

詳しくは下記「ゆうびんホームページ」をご覧下さい。
次回助成申請は2007年10月~11月予定(申請要領は9月中旬広報予定)
-------------------------------------------------------