神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

トピックス

11/3朗読劇「ハッピーバースデー」夜の部当日券のご案内

2007/08/10

泣き尽くし、癒されたあと、必ず人に読ませたくなる物語              児童書版、文芸書版あわせて150万部のベストセラーが             いま、朗読劇に。

「いつだって、人は変われる。そのために、学ぶんでしょ」。
主人公の言葉が心に残ります。

朗読劇の原作「ハッピーバースデー」は、
止まらない涙の後に、勇気と優しさが湧いてくる作品です。

神奈川子ども未来ファンドは、この作品を通して、
今こそ、子どもたちに生きる勇気を届けたい、
子どもの叫びを多くの大人たちに伝えたいと思いました。

そんな願いが結ばれ、企業や各種団体のご支援を得て、
今回のチャリティ朗読劇が実現しました。

ぜひ、大切な人と一緒に、お出かけください。
会場にて、皆さまにお目にかかれますことを、心より楽しみにしております。


  ※公演の収益金は、神奈川子ども未来ファンド助成の原資として
   子どもの育ち・子育てを支える市民活動団体へお届けします。


【朗読劇「ハッピーバースデー」~児童虐待防止チャリティ公演~】

◆日時:2007年11月3日(土)
    昼:14:30~(開場14:00)→満席御礼 
    夜:18:30~(開場18:00)→当日券をご用意しています
◆会場:横浜関内ホール 大ホール
    (みなとみらい線馬車道駅・JR関内駅徒歩)
◆原作:『ハッピーバースデー』金の星社刊
     青木和雄・吉富多美著(神奈川在住・神奈川子ども未来ファンド理事長・理事)
◆出演:内海賢二(写真左下)、野村道子、斎賀みつき(写真右下)、速水圭、賢プロダクション
◆あらすじ:実の母親に愛してもらえず、誕生日さえ忘れられてしまった十一歳の少女あすかは、
     声を失ってしまう。しかし、優しい祖父母の元で自然の営みに触れ、「いのち」の
     意味を学ぶ。生まれ変わったあすかが、新しい学校で何を見、何を感じ、どんな行動
     を起こすのか。そして、母親の愛は戻って来るのか・・・。

◆主催:神奈川子ども未来ファンド、関内ホール、オフィスデュオ
◆協賛:エバラ食品工業㈱、㈱川口、㈱金の星社
◆協力:モバイル・コミュニケーションファンド、(財)神奈川新聞厚生文化事業団
◆後援:神奈川県、横浜市こども青少年局、川崎市、神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会
    川崎市教育委員会、(株)テレビ神奈川、(株)tvkコミュニケーションズ、
    神奈川新聞社、朝日新聞社横浜総局、毎日新聞社横浜支局、読売新聞社横浜支局、
    日本経済新聞社横浜総局、FMヨコハマ、アール・エフ・ラジオ日本、
    (財)横浜市青少年育成協会、(財)横浜市安全教育振興会
◆チケット:2,500円(全席指定)

◆お問合せ:神奈川子ども未来ファンド事務局 TEL045-212-5825
 当日のお問合せ:関内ホール TEL045-662-8411