神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

トピックス

かながわボランタリー活動奨励賞を受賞

2007/11/25

神奈川子ども未来ファンドに、平成19年度かながわボランタリー活動奨励賞をいただきました。

写真(右端が小野副知事、右から二人目が神奈川子ども未来ファンド青木理事長
   左端が神奈川県ボランタリー活動推進基金審査会長松岡紀雄氏)



かながわボランタリー活動奨励賞は
地域社会への貢献度が高く、今後さらに継続発展が期待できる団体を表彰するもので、
神奈川県ボランタリー活動推進基金審査会の審査で決定します。


神奈川子ども未来ファンドと共に、
神奈川子ども未来ファンド助成の対象団体である
「子ども虐待ネグレクト防止ネットワーク」
「カラカサン~移住女性のためのエンパワメントセンター」も
奨励賞を受賞しました。


2007年11月24日に行われた奨励賞表彰式では、
神奈川県副知事小野義博様より
「奨励賞受賞を通じて、多くの県民・企業が、こうした活動を知り、
参加する契機になることを期待しています。
生きがいの持てる地域社会づくりのために、活動し続けていただきたい」
と応援メッセージをいただきました。

神奈川子ども未来ファンド青木理事長からは、
「自尊感情を失い、存在不安を抱える子どもたち、生きる力を失っている子どもたちに、
ファンドの活動を通じて、信頼できる大人がいるということを伝えていきたい。
受賞は、多くの個人、団体、企業、組合、商店、飲食店等からご支援をいただいたお陰です。
心より御礼申し上げます」
と挨拶しました。

これまでご支援をいただいた皆様に
改めて御礼を申し上げます。

今後も、子ども達を応援してくださる人の輪を
更に広げていけるよう力を尽くしてまいります。
引き続きのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。