神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

トピックス

子どもファンド『かながわ商店街新聞』をジャック?

2005/07/20

神奈川県下の859商店街(約38,447店舗)で構成される神奈川県商店街連合会の広報紙に神奈川子ども未来ファンドが紹介されました。

 神奈川県商店街連合会の広報紙『かながわ商店街新聞』は、神奈川県内の商店街の個店向けに年6回、39,000部発行されている新聞です。H17年6月号は、B3サイズの紙面の裏側ほぼ半分が、子どもファンド関連の記事となりました。子どもファンド事務局長米田佐知子が「提言」欄で「子育てのしやすいまちをつくる商店街」として、商店街で子どもの育ちを応援することの意味や商店街で取り組める協力方法、川崎市中原区のモトスミ・ブレーメン通り商店街での取り組み事例等を書かせて頂きました。全文は、下記ページでご覧いただけます。また、紙面でも神奈川子ども未来ファンドの仕組みを大きくご紹介いただいています。
 早速に、横浜市磯子区のプララ杉田商店会のお中元売出の抽選会場に子どもファンド募金箱を設置いただく等の商店街のご協力が実っています。
商店街から始まる地域づくり。関心をお持ちの方は、子どもファンド事務局までご連絡ください。
神奈川子ども未来ファンド事務局 電話045-212-5825

*写真は、プララ杉田の中元売出での募金箱設置の様子