神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

トピックス

6/1-2横浜開港祭 ミニ商店街へ参加

2006/06/15

2006年6月1日2日に、みなとみらい臨港パークで行われた横浜開港祭に参加をしました。

 横浜の商店街を元気にしよう!という若手商業者を中心に結成された有志グループ「ハナノアナ」の企画に加わって参加をしました。
 「SP盤が流れるヨコハマの商店街 ~ずっとあって、今あるもの それがイチバン大切なもの~」というコンセプトでテントが並ぶ一角をミニ商店街にしてしまうという企画でした。

 ひとのつながりは、いつの時代にも子どもにとって大切なもの。子どもファンドは、商店街と連携するNPOの存在の紹介も兼ねて参加をさせていただきました。

 ミニ商店街には、お茶屋さん、酒屋さん、お米屋さん、和菓子屋さん、コーヒー屋さん、パン屋さんなどの店々が並び、昔なつかしい音楽が蓄音機から流れる一方で、子ども向けの紙芝居も行われ、子どもファンドは駄菓子屋さんとして「みずあめ」を提供しました。

 開港記念日のこの日は、横浜市内の小学校が休校で、キッズステージをはじめとする各種企画があり、「商店街」通りは小学生、家族連れ等でごったがえし、子どもファンドの「みずあめ屋」は、小学生や昔を懐かしむご高齢の方からも人気でした。

 出店の機会をいただいた「ハナノアナ」の皆様、ブースのお手伝いをいただいた横浜商科大学の学生さんに御礼申し上げます。ありがとうございました。