神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

トピックス

横浜市保土ヶ谷区ダンボふれあいバザーに参加しました

2006/11/23

横浜市保土ヶ谷区にある地域作業所ダンボでは開設以来、毎年11月に地域の自治会や子ども会、小学校など、様々な組織・団体の協力により「ふれあいバザー」(地域作業所ダンボ・福祉を考える会主催)を開催しています。昨年に引き続き、今年もその収益から一部を子どもファンドにご寄付をいただくことになりました。

 今年は、ファンドもペンシルバルーンと駄菓子屋さんで出店協力をしました。参加している沢山の子ども達が楽しめる工夫をと、ピエロさんによる「バルーン教室」も行い、子ども達が真剣な表情で風船と取り組んでいました。

 毎年恒例のまつりとあって、会場は大盛況でした。地元小学校からは、沢山の子ども達がこの日に向けて小物を作ってお店を出したり、沢山の店舗の店番や呼び込み、ゴミの分別などに大活躍をしていました。

 作業所「ダンボ」内では、通常行われている作業(病院カーテンの金具付け)の体験コーナーが設けられていたり、会場内では作業所メンバーや車椅子を利用している人が買い物やゲームを楽しむ姿が見られ、福祉を特別なものにしない、ひとのつながりが、まつりの蓄積とともにひろがっている様子を感じ取ることができました。