神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

トピックス

「許すないじめ」子どもファンド理事長メッセージ神奈川新聞に掲載

2006/11/25

2006年11月24日付神奈川新聞「許すないじめ~「あなた」に伝えたい言葉」欄に子どもファンド理事長青木和雄のメッセージが掲載されました。

「異質な存在認める社会に」とタイトルされた記事の中で青木理事長は、
子ども達に向けて
  「友達は傷つけ合うのではなく、支え合って生きていくことが大事なんだよ」
  「いじめで悩んでいたら「つらいよ」「助けて」と伝えて欲しい」

教師に向けて
  「大人側の視点だけでなく、子ども側にたった判断をしてほしい。
   子どもたちにとって最も信頼できる大人であってほしい」

大人に向けて
  「子どもからの相談を周囲の大人がきちんと受け止めること。」
  「心から子どもの思いを受容し、肯定的に受け止めることだ」
  「子どものいじめは、大人社会の反映でもある。大人の責任は大きい」

とメッセージを発信しました。
全文は、以下神奈川新聞HPでご覧下さい。


子どもファンド理事西野博之のメッセージも同連載に掲載されています。
http://www.kanaloco.jp/serial/entry/ijime4/