神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

トピックス

1/28 横浜F・マリノスファン感謝デーに出展しました

2007/01/29

神奈川子ども未来ファンドに賛同をいただいている組織の一つ、横浜F・マリノスの協力により、2007年1月28日(日)午後に、みなとみらいで行われた、ファン感謝デー(2007横浜F・マリノストリコロールフェスタ)に、出展の機会をいただきました。

会場は、みなとみらい21地区に生まれた横浜F・マリノスの新たな拠点「マリノスタウン」。施設各所を活用して、選手と一緒に参加できるサッカーアトラクション、フットサル、選手のトークショーなどが行われました。約8,000名のファンが集まったとのことですが、朝から入場口を先頭に長蛇の列ができており、フェスタを心待ちにしているファンの気持ちが伝わってきました。

神奈川子ども未来ファンドは、メインステージのある人工芝の会場内に、神奈川県内赤十字血液センターと骨髄バンクと並んで出展し、募金をしてくださった方にペンシルバルーンのプレゼントを行いました。

呼びかけを聞いて募金をしてくださる方、「子どもの育ちを応援する、こういう活動は大事だ」と共感してくださったり、「私も居場所がほしかったから、ぜひHPを見てみます」と言ってくださる方など、沢山の方がファンドのブースに興味を持ってくださいました。

途中、狩野健太選手(右下写真中央)と、田中裕介選手が、ファンドを含む3団体の活動に協力をしてくださり、大勢のファンが集まって、写真を撮ったり、握手やサインを求めたりと非常に賑わいました。

この日に寄せられた募金総額は27,755円となりました。
出展の機会提供と様々なご配慮をくださった横浜F・マリノスの皆様にお礼を申し上げます。