神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

子育て関連イベント紹介

6/24 揺さぶられっ子症候群 国際シンポジウム i n 横浜

2006/05/09

(特)かながわ子ども虐待ネグレクト専門家協会

■イベント名:揺さぶられっ子症候群 国際シンポジウム i n 横浜
■日 時:2006年6月24日(土)10:00~16:30(受付開始 9:30)
■会 場:横浜市開港記念会館2階 6号室
     (みなとみらい線日本大通駅1分・JR関内駅徒歩10分)
■内 容:
6月に京都で開催される「国際赤ちゃん学会2006イン京都 プレカンファレ
ンス『揺さぶられっ子症候群』」のために海外から招聘された専門家のうち
3人の先生方に横浜まで足を伸ばしていただくこととなりました。
「揺さぶられっ子症候群(SBS)」は乳幼児の頭部外傷の中で
かなりの割合を占めるだけでなく、25%もの致死率を有する重大な身体的虐待の一型です。
今回のシンポジウムにご参加いただければ、SBSに関する世界最先端の知見を獲得できます。

講師(逐次通訳有)
*キャロル・ジェニー氏演題
「動物実験、クラッシュテスト用ダミー人形実験、
コンピューターモデル、人間の赤ちゃん:
揺さぶられっ子症候群に関する生物力学(生物物理学)論争を読み解く」

*ロナルド・バル氏演題
「赤ちゃんの泣き声と揺さぶられっ子症候群:『PURPLE泣き声期』」

*デビッド・チャドウィック氏演題
「揺さぶりが赤ちゃんに及ぼす影響:見える損傷・隠れた損傷・
広がる悪影響・見えない損傷」

■主 催:(特)かながわ子ども虐待ネグレクト専門家協会
■参加費:6000円
■申込み方法:FAXまたはインターネットで申込(下記参照)
申込先FAX:050-2014-4814
申込URL:http://www1.odn.ne.jp/kapsanc/