神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

助成金情報

8/31・9/21締切 平成19年度「かながわボランタリー活動推進基金21」

2007/08/05

かながわ県民活動サポートセンター

ボランタリー活動の自主性や主体性を尊重しながら、神奈川県とボランタリー団体等が協働して事業を進めること、また、その活動を促進することを目的とする。

■対 象:次のすべての要件に該当する団体・個人
<1>不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与することを目的とする
非営利の事業(いわゆる宗教活動、政治活動、選挙活動を目的とする
事業は除く)に自主的に取り組む特定非営利活動法人、法人格を持たない
団体及び個人(以下、ボランタリー団体等という)
<2>活動拠点を県内に有すること(県内に事務所があるかまたは県内で
活動を行っている団体等を対象とする)
<3>継続した活動が期待されたものであること

■内 容:(1)協働事業負担金:地域社会に必要な公益的事業で、
ボランタリー団体等と県が協働して行うことで効果が高まると
期待できるものに対し、経費(賃借料、光熱水費等の管理費は対象外)から、
国又は地方公共団体の他の補助金等を控除した額と1000万円の
いずれか低い額を上限として、基金から最長5年間負担する。
(事業実施:平成20年度)

(2)ボランタリー活動補助金:地域社会が抱える課題の解決に向けて
自発的に取り組む事業や、社会システムの改革を目指してチャレンジする
事業などを立ち上げたり、新たな展開を図ろうとするような事業の経費
(賃借料、光熱水費等の管理費は対象外)から、国又は地方公共団体の
他の補助金等を控除した額の2分の1と200万円のいずれか低い額を上限として
最長3年間補助する。(事業実施:平成20年度)

(3)ボランタリー活動奨励賞:他のモデルとなるような実践的な活動を
行っている団体・個人へ、活動の継続・発展を促進するため、
ボランタリー活動奨励賞(副賞:団体100万円、個人50万円を限度)を贈呈する。

■応募方法:かながわ県民活動サポートセンターのホームページから
申請書記入様式のダウンロード、または、かながわ県民活動サポート
センター、県政情報センター及び各地域県政総合センター、
各市町村の市民活動支援センターで配布されている募集案内を入手し、
必要事項を記入の上、郵送又は持参。
※8月中に募集説明会を行う。日程はホームページで要確認。
※(1)(2)は、選考のための公開プレゼンテーションが実施される。
また、対象事業を継続しての経費負担を希望する場合は年度ごとに審査あり。

■応募締切:(1)・(2)2007年9月21日(金)消印有効
  (3)2007年8月31日(金)消印有効
■問合せ・連絡先:かながわ県民活動サポートセンター基金事業課 
TEL:045-312-1121(内線2831・2832) FAX:045-312-4810
Mail:kikin@kvsc.pref.kanagawa.jp