神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

トピックス

2007年11月 横浜市保土ヶ谷区ダンボふれあいバザーに参加しました

2007/11/24

横浜市保土ヶ谷区にある地域作業所ダンボでは開設以来、毎年11月に地域の自治会や子ども会、小学校など、様々な組織・団体の協力により「ふれあいバザー」(地域作業所ダンボ・福祉を考える会主催)を開催しています。今年もその収益の一部を子どもファンドにご寄付いただく予定です。

 例年通り、バザーに加えて、作業所「ダンボ」内では、通常行っている作業体験コーナーが設けられたり、地域の小学校や子ども会等からも出店があり、1,000名近い参加者に、どの店舗も大にぎわいでした。
 会場内では、作業所メンバーや地域の高齢者たちが、買い物やゲームを楽しみ、生まれる出会いが、日常の支えあいにつながる様子を感じることができました。

 近隣の5つの小中学校からは、沢山の子ども達が参加し、この日に向けて作った小物を販売したり、店舗の販売手伝いや呼び込み、ゴミの分別などに大活躍しました。大人や高校生、大学生に混じって、一緒に作り上げるまつりに子どもたちが感じたことが沢山あった様子です。
 みずあめブースを手伝ってくれた小学6年生の女の子は「今年で卒業だけど、来年もまた来たい。とても楽しかった。」と話してくれました。