神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

トピックス

助成先の活動現場訪問を行っています~「ことぶき学童保育」

2006/10/28

子どもファンドでは、皆様から寄せられたご寄付を、子ども・若者の育ちや子育てを応援する活動への資金助成としています。助成期間中には、活動現場を訪問して活動の様子を見せていただいています。2006年10月27日、横浜市中区にある「ことぶき学童保育」を訪問しました。

 簡易宿泊所(ドヤ)が集まる寿町内の生活館3階にある学童保育には、子ども達の元気な声が響いていました。

 その中には、外国語も混じります。通ってくる子ども達の半数近くが、外国籍の子ども達です。子どもファンドの助成金は、広報紙の多言語発行(翻訳費用)にも使われていますが、中国語の広報紙を見て、いもほり行事に初参加をした親もあったそうです。

 同行したボランティアの青年の側に、あっという間に何人かの子ども達が集まり、おにごっこが始まりました。

 学童保育の廊下は、まるで路地の様で、左右の部屋に落ち着いて漫画や本が読める空間や、卓球台もある体を動かせる場所、子どもの止まり木のようなカウンターのある工作スペースもあり、奥の台所は、おやつの時間にはまるで駄菓子屋のようです。子ども達が思い思いに過ごす様子は、まさに子どもの秘密基地という感じで、二人の指導員が、子ども達にこまめに声をかけていたのが印象的でした。