神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

子どもファンドセミナー

昨年ご好評をいただいた子どもファンドセミナーを今年も開催します。

私たちは、2003年にスタートした非営利の市民基金です。子ども・若者の育ちや子育て支援のNPOと情報を共有しながら支援の輪を広げる活動をしてきました。より早くより深く、子どもたちの抱える困難を受け止め、必要とされる支援を微力ながら続けてきました。蓄積されたネットワークを活用し、昨年度「神奈川子ども未来ファンドセミナー」を開催したところ、大変好評をいただきました。

原発避難児童へのいじめや、6人に1人といわれる子どもの貧困、増え続ける児童虐待など、子どもたちの困難は抱えきれないほど重くなっています。本年度も連続講座を開催し、子どもたちのSOSを受け止めるために、いま、なにが必要なのかをともに考えていきたいと思います。

かながわの子育ち・子育て応援プロジェクト
子どもファンドセミナー
地域で子どもを見守り、育てるために

主催
認定NPO法人神奈川子ども未来ファンド
共催
公益財団法人横浜YMCA

第1回 9月3日(日)
いじめの深層

篠原 宏明さん
いじめの当事者活動家
中学3年の次男が「友だちをいじめから護れなかった。」と自死。亡き息子の思いを継ぎ、いじめをなくす活動に参加する。
北村 年子さん
ノンフィクション作家、自己尊重トレーニング・トレーナー
一般社団法人ホームレス問題の授業づくり全国ネット代表理事。FMヨコハマ「おはよう!ネンコさん」出演中。

第2回 10月15日(日)
子どもの貧困

山内 深紗子さん
朝日新聞社記者
シリーズ「子どもと貧困」(2015年~16年)取材チーム。子どもの育ちを社会でどう保障していくか、英国などの諸外国の事例も交えて取材を重ねる。
山崎美貴子さん
神奈川子ども未来ファンド理事、東京ボランティア・市民活動センター所長
「広がれ、子ども食堂の輪」推進委員会委員長等に携わる。

第3回 11月19日(日)
虐待から子どもを守るために ~SOSを受け止める~

杉山 春さん
ルポライター
主な取材テーマに子育てや親子問題など。著書に「ネグレクト 育児放棄-真奈ちゃんはなぜ死んだか-」(小学館)などがある。
長谷川 美祈さん
カメラマン
児童虐待可視化プロジェクト取材・撮影。

ナビゲーター

西野博之さん
神奈川子ども未来ファンド理事、川崎市子ども夢パーク所長、フリースペースえん代表
最新刊、西野流「ゆる親」のすすめ(上)『7歳までのお守りBOOK~「正しい母さん・父さん」を頑張らない~』同(下)『10歳からの見守りBOOK~だいじょうぶのタネをまこう~』

<開催要項>

日程
第1回 9月 3日(日)いじめの深層
第2回 10月15日(日)子どもの貧困
第3回 11月19日(日)虐待から子どもを守るために
時間
14:00~17:00(各回とも)
会場
横浜中央YMCA 会議室(横浜市中区常盤町1-7 tel.045-662-3721)
JR、市営地下鉄「関内」駅徒歩3分、みなとみらい線「日本大通」駅徒歩5分
募集人数
80名(各回とも満員になり次第締め切らせていただきます)
受講料
1講座 2,000円、3講座通し 5,000円(当日、会場受付で申し受けます)