神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

助成募集について

神奈川子ども未来ファンドは、子ども・若者の育ち・子育てを社会で支えるために生まれた市民基金です。市民、企業・各種団体から寄せられた募金・寄付金をもとに、公募選考し助成しています。

これまでの助成実績については、寄付はこう使われますのページをご覧ください。

子ども・若者や子育てに関わるNPOのみなさんへ

神奈川子ども未来ファンドでは、神奈川県内の子ども・若者や子育てに関わるNPOへ助成を行っています。

2017年助成の募集は締め切りました

たくさんのご応募ありがとうございました。

2017年は「一般助成」「課題助成(いじめ・貧困・児童虐待防止)」併せて、合計100万円(1団体上限20万円)を助成します。

一般助成の特徴

  • 神奈川県内で、子ども・若者や子育てに関わる人が地域の中で育ちあう「場」を開いている団体が対象です。(「場」を週2日以上、1年以上継続して開いていること)
  • 費目に制限はありません。人件費や家賃も助成対象となります。
    (ただし、応募事業に必要な経費であること)
  • 同一事業で、最長3年までの継続助成の可能性があります。(助成は、原則単年。継続は、報告と応募を年ごとに行い、長期的視点と計画性が認められた場合)
助成対象事業
  • 子どもや若者の育ち・子育てに関する課題・テーマに関する先駆的・実験的な事業
  • 活動の充実・改善に向けて、組織運営の課題解決や活動基盤の強化を目的とする事業
  • 子どもや若者の育つ地域・社会の環境を育てるために、複数のNPOが連携して取組む新しい事業

課題助成事業の特徴

  • 「場」が無くても、応募できます。
  • 費目に制限はありません。人件費や家賃も助成対象となります。
    (ただし、応募事業に必要な経費であること)
助成対象事業
  • いじめや貧困、児童虐待防止を目的とした事業全般

助成金募集案内

応募要項・用紙
所定の応募用紙はこちらからダウンロードしていただけます。
応募締切
  • 2017年1月25日(水)当日消印有効
提出書類
  • 助成プログラム応募用紙(所定のもの)
  • 前年度の決算書類(収支計算書・財産目録など)
  • 前年度の活動報告(事業報告書など)
  • 応募時の年度の予算書類
  • 応募時の年度の活動計画書(事業計画書など)

選考は、上記書類で行いますが、可能であれば、次のものもお送りください。

  • 応募事業の「背景・原状」「事業内容」「成果」「展望」を1枚で表わしたもの
    (チャート・イラスト等形式自由、A4サイズ1ページ以内に収めてください)
  • 団体パンフレット等(お送りいただける場合は6部お送りください)
(提出いただいた書類は、返却いたしません)

助成応募の事前相談に対応しています

「今の活動状況で応募できる?」
「助成応募用紙の書き方を相談したい」等、お気軽にご相談ください。

  • 事前相談は任意のものであり、応募条件ではありません。
    相談を受けることで、助成を約束するものとはなりません。

事前相談ご希望の方は、まずは電話またはメールでご連絡ください。

お問合せ・応募書類送付先

特定非営利活動法人 神奈川子ども未来ファンド事務局 助成金係

住所
〒231-0001 横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ6F NPOスクエア内
電話
045-212-5825
FAX
045-212-5825
メール
info@kodomofund.com

応募書類は、郵便または宅配便でお送り下さい。