神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

子どもの居場所情報箱

(特)子そだちしえん・あさひ

旭区子育て広場「ぽけっと」、旭区地域子育て支援拠点「ひなたぼっこ」の運営を始め、あったかで・ゆったりとした地域の子そだち環境づくりのための事業を展開しています。
私たちの活動の基礎となる4つの「つ」
・つどう(広場の開催)
・つながる(仲間づくり・ネットワークづくり)
・つむぐ(未来のために・人材育成)
・つたえる(情報の収集と発信)

  • フリースペース・サロン(青少年の居場所、冒険遊び場、乳幼児親子の居場所、遊び場)
  • 乳幼児家庭の支援
  • 子どもの遊び
理念・方針
私たちは「ここに暮してよかった」「子育ては大変だけどいい仲間もできた」「自分の自信にもなってとてもいい時間がもてた」と誰もが思えるような地域の子育て環境作りを目指します。
ひとりひとりの力は小さくても、あわせれば大きな力になる。「子そだち」をキーワードに広くたくさんの方とつながる中で、おおらかな子どもの世界を実現したいと思っています。
利用者数
(1)ぽけっと 1日約30組
(2)ひなたぼっこ 1日約60組
スタッフ数
(1)ぽけっと 1日 のべ約5人 スタッフ総数約30人
(2)ひなたぼっこ 1日平均6人 職員総数13人 正会員49名(24年12月現在)
アドバイザー・専門機関等
旭福祉保健センター
対象年齢
  • 乳幼児(~6歳)
利用料(会費)
正会員 1000円/年 賛助会員 2000円/年
(1)「ぽけっと」月・水・金・・・無料。火・木・・・利用料200円の他プログラムによって別途参加費
(2)「ひなたぼっこ」 無料
活動時間・期間
(1)「ぽけっと」開設時間:毎週 月~金 午前10時~午後4時
休館日:土・日・祝日・年末年始及び月1回のメンテナンス日
(2)「ひなたぼっこ」開設時間:毎週火~土 午前9時半~午後4時
休館日:日・月・祝日・年末年始(月曜が祝日の場合、火曜休館)
相談方法
  • 面談
相談受付時間
(1)「ぽけっと」月・水・金は随時。
(2)「ひなたぼっこ」随時。月6日程度 保健師・保育士・助産師らによる相談日あり。

団体概要

郵便番号
241-0021
住所
横浜市旭区二俣川1-67-4 旭区地域子育て支援拠点「ひなたぼっこ」内
電話番号
045-442-3886
FAX
045-442-3896
メール
kosodachisien.asahi@pa3.so-net.ne.jp
ホームページ
http://www.pocket-asahi.jp/
活動場所
(1)旭区子育て広場「ぽけっと」(横浜市旭区鶴ヶ峰1-6-35 三谷ビル3F)
(2)旭区地域子育て支援拠点「ひなたぼっこ」(横浜市旭区二俣川1-67-4)
最寄駅
(1)相鉄線鶴ヶ峰駅 徒歩5分 (2)相鉄線二俣川駅 徒歩7分
設立年
(法人取得日)
平成20年4月1日法人設立(ぽけっと開所:平成16年10月15日。ひなたぼっこ開所:平成22年3月)

団体情報

広報誌の有無
(1)「ぽけっと」ぽけっとカレンダー 毎月発行。そのうち年4回(3月6月9月12月)は通信として拡大版で発行。
(2)「ひなたぼっこ」ひなたぼっこ通信 毎月発行。
活動実績
法人の前身は、平成16年に旭区が設置した旭区子育て広場「ぽけっと」のボランティアとして集められた地域住民による団体です。平成18年4月より、「横浜市親と子のつどいの広場事業」の委託をうけ、市内の他の「親と子のつどいの広場」とも連携をとりながら活動しています。平成22年3月、旭区地域子育て支援拠点「ひなたぼっこ」の運営を委託され、文字通り旭区の子育て・子育て支援の拠点として事業を展開しています。

年間予算

年間総収入

43,328,000円

会費
0.12%
寄付金
0.80%
助成金・委託・補助金
93.42%
事業収入
1.39%
その他
0.01%
繰越金
4.26%

年間総支出

43,328,000円

人件費
50.47%
家賃・光熱費
1.11%
その他事業費
42.51%
繰越金
5.92%
  • NPO会計では、団体ごとに活動にあわせて費目設定を自由に行っています。
    そのため、当方の設定にない費目は全て事業費に含まれています。

情報更新日:2012年12月23日

子どもの居場所情報箱の文章や写真等データの無断転載、無断コピーなどはお控えください。

子どもの居場所情報箱は独立行政法人福祉医療機構助成事業の協力により制作いたしました。