神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

子どもファンドセミナー

「子どもたちのSOSを受け止めよう」

子どもファンドセミナーⅢ

全国の小中高校と特別支援学校の2016年度のいじめ認知件数は32万3808件。子どもの相対的貧困率は7人にひとり。そして、全国の児童相談所が対応した児童虐待相談対応件数は12万2578件。知ることから支援は始まります。講師の方々のお話を伺い、子どもたちのいのちと心を守るためにできることを共に探しませんか。

かながわの子育ち・子育て応援プロジェクト
子どもファンドセミナー
地域で子どもを見守り、育てるために

主催
認定NPO法人神奈川子ども未来ファンド
共催
公益財団法人横浜YMCA
後援
神奈川県  横浜市
協賛
社会福祉法人神奈川県共同募金会
公益財団法人神奈川新聞厚生文化事業団

第1回 9月24日(振休・月)
いじめストップ!

須永 祐慈さん
「NPO法人ストップいじめ!ナビ」副代表
いじめを止めるための情報を、ウェブや講演などを通じて発信。SNS事業者や自治体とも連携し活動している。
大貫 隆志さん
「一般社団法人ここから未来」代表理事
中学生だった次男を自死で失い、自死遺族の支援に携わる。著書『「指導死」追いつめられ、死を選んだ七人の子どもたち』(編著 高文研)他。

第2回 10月21日(日)
子どもの貧困

加藤 彰彦さん
沖縄大学前学長、名誉教授
横浜市寿生活館の生活相談員や児童相談所職員、横浜市立大学教授を務め、長く児童福祉の実践と研究に携わる。野本三吉のペンネームでの著書多数。
山野 良一さん
沖縄大学教授、「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク世話人
「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク世話人。神奈川県児童相談所職員等を務める。著書に「子どもに貧困を押し付ける国・日本」(光文社)他。

第3回 11月18日(日)
虐待の連鎖を止めよう

成田 信子さん
(福)久良岐母子福祉会母子生活支援施設くらき施設長
児童養護施設、母子生活支援施設に勤務の後、施設長就任。通算して 30年以上も子どもの福祉に関わっている。
山崎美貴子さん
神奈川県立保健福祉大学前学長
神奈川子ども未来ファンド理事。東京ボランティア・市民活動センター所長。「広がれ、子ども食堂の輪」推進委員会委員長等に携わる。

ナビゲーター

西野 博之さん
神奈川子ども未来ファンド理事、川崎市子ども夢パーク所長、フリースペースえん代表
著書に『居場所とスクールソーシャルワーク』(山下英三郎氏と共著・子どもの風出版会)他多数。

<開催要項>

日程
第1回 9月24日(振休・月)「いじめストップ!」
第2回 10月21日(日)「子どもの貧困」
第3回 11月18日(日)「虐待の連鎖を止めよう」
時間
14:00~17:00(各回とも)
会場
横浜中央YMCA 会議室(横浜市中区常盤町1-7 tel.045-662-3721)
JR、市営地下鉄「関内」駅徒歩3分、みなとみらい線「日本大通」駅徒歩5分
募集人数
80名(各回とも満員になり次第締め切らせていただきます)
受講料
1講座 2,000円、3講座通し券 5,000円(当日、会場受付で申し受けます)