神奈川子ども未来ファンド

子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

MENU

神奈川の子どもたちをめぐる現状

子どもをめぐる状況

子どもの数は減ってきています

年金問題で話題になった合計特殊出生率。
全国平均は1.42(平成26年度)
神奈川県では全国で40番目の1.31(平成26年度)

生きづらさを抱えた子どもたちの数は増えています

  • 児童相談所に寄せられる虐待相談は、年間2707件(平成26年度)
  • 中学校では、約33.4人に1人が不登校(平成25年度)
  • 29歳以下では年間で192人が自ら命を絶っています(平成26年度)
小中学生総数と不登校人数
児童相談所の虐待相談件数の推移

参考文献

子どもをめぐる取り組み

その一方で、地域には、行政では十分に対応できていない子どもに関わる課題に取り組み子どもが育ち、学び、生きる力を身につけていくための新しい「場」がNPOによって作られています。

  • 障害のある子ども、外国籍の親の子ども、病児など一人一人の状況に応じた学びを提供するフリースクールや居場所。
  • 孤立した子育てから脱するために気軽に立ち寄り仲間をみつけられるひろば、サロン子どもが自由に外遊びを展開できる冒険遊び場(プレイパーク)。
  • 自信を失っていた子どもや若者、不登校・引きこもりの子どもが、様々なひと、ことに出会え、ありのままの自分を大切にできる居場所
  • 引きこもり傾向にある若者への就労支援活動
  • 「非行」の若者が生き方を探す場いじめや虐待など、様々な子どもの悩みを受け止める電話相談