子どもたちが生きていることに誇りと喜びを持てる地域社会を

神奈川子ども未来ファンド

MENU

子ども・若者支援事業新型コロナ対応助成

~神奈川の子どもの育ちと未来を守りたい~

実行団体を公募します(助成総額1,100万円)

神奈川子ども未来ファンド

特定非営利活動法人神奈川子ども未来ファンドは、一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)が実施する休眠預金等活用法に基づく「新型コロナウイルス対応緊急支援助成」の資金分配団体に採択されたことを受け、実行団体を公募します。
※休眠預金等活用についての解説はhttps://www.janpia.or.jp/kyumin/をご覧ください。

(公募の概要)

1 「子ども・若者支援事業新型コロナ対応助成実行団体」の公募

新型コロナウイルスによる影響が長引く中、この状況を乗り越え、活動の維持発展を図る取組みを募集します。

(1) 助成総額1,105万円
(2) 助 成 額1団体につき50万円~300万円
※ 自己資金の確保は必要としません。
※ 管理的経費は助成額の20%を上限とします。
(3) 採 択 数8団体程度
(4) 申請書類助成申請書、団体情報、事業計画書、資金計画書、規程類確認書、役員名簿、申請書類チェックリスト(以上様式1~7)、定款、貸借対照表、損益計算書(活動計算書、正味財産増減計算書、収支計算書等)
※ 公募要領、申請様式等はこちらからダウンロードしてください。
(5) 申請方法上記必要書類をそろえ、メールに添付して申請ください。
E-mail : info@kodomofund.com
(6) 申請締切9月17日(木)18時

応募団体一覧はこちら

2 応募資格

神奈川県内で、子ども・若者・子育てに係る活動をしている民間公益活動団体
※ 法人格の有無や法人の種類は問いません。
  なお、事業を適確かつ公正に実施できるようJANPIAが規定するガバナンス・コンプライアンス体制(規程類等)を備えていることが必要です。不足がある場合は、助成開始時に整備していただきます。

3 助成対象事業

次の活動を対象とします。
① 経済的貧困など、家庭内に課題を抱える子どもの支援
② 日常生活や成長に困難を抱える子どもと若者の育成支援
③ 社会的課題の解決を担う若者の能力開発支援
④ ひとり親家庭や外国籍の親子等への情報支援
など
コロナ禍のもとで神奈川の子ども・若者や子育て家庭の抱える課題の解決を目指す事業。

4 スケジュール

1.公 募 期 間8月17日(月)
~9月17日(木)18時
2.審査会議による審査(※1)、理事会での決定9月30日予定
3.実行団体決定の公表
  選定された実行団体の名称、事業名、事業概要を公表(※2)
10月10日予定
4.助成金支払い
  資金提供契約書の締結(実行団体と資金分配団体)
10月末予定

※1:審査期間中に事務局は、申請団体との面談・聴取を実施します。
※2:同時期に事務手続きのオリエンテーションを予定しています。

5 詳細

「子ども・若者支援事業新型コロナ対応助成 実行団体公募要領」をご参照ください。

■公募要領・申請様式等は、こちらからダウンロードしてください。

<「子ども・若者支援事業新型コロナ対応助成」 実行団体公募要領>(PDF ファイル

<「子ども・若者支援事業新型コロナ対応助成」 実行団体公募 申請様式>

・様式1 助成申請書PDFファイルWordファイル
・様式2 団体情報PDFファイルWordファイル
・様式3 事業計画書PDFファイルExcelファイル
・様式4 資金計画書PDFファイルExcelファイル
・様式5 規程類確認書PDFファイルWordファイル
・様式6 役員名簿PDFファイルExcelファイル
・様式7 申請書類チェックリストPDFファイルExcelファイル
・コンソーシアムに関する誓約書PDFファイルWordファイル
・コンソーシアム協定書(雛形)PDFファイルWordファイル
・コンソーシアム協定書作成における留意点PDFファイル

<その他、提出が必要な書類>
・定款
・前年度の貸借対照表
・前年度の損益計算書(活動計算書、正味財産増減計算書、収支計算書など)

提出いただいた書類は、返却いたしません。

■お問合せ・応募書類送付先

特定非営利活動法人 神奈川子ども未来ファンド事務局 コロナ対応助成金係
住所:〒231-0001
横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ6F NPOスクエア
電話:045-212-5825 FAX:045-212-5825 E-mail:info@kodomofund.com